2006年09月19日

続 マネージャーの想い!(三年生)

一年生に続いて、三年生のマネージャーからも投稿が有りましたので記載します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 私は、サッカー部のマネージャーになって洗濯が好きになりました。水やポカリを作るのも好きになりました。サッカーはもっと好きになりました。毎日練習あるけど楽しいから好きです。つらいこともたくさんあって本当に大変だけど、楽しいって思う気持ちの方がたくさんあります。選手も楽しいって言ってるから、なんか楽しくなってきます。楽しいばっかりでしあわせです。これからも、失敗もするけど二年半やってきたことを生かして、いっぱい頑張っていきたいです。 (CL)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

国士舘高校サッカー部のマネージャーになって二年半がたちます。
マネージャーになった時、私たちにはマネージャーの先輩はいませんでした。
最初は、なにをやったらいいのかわからず、色々悩んだりすごく大変で監督やコーチに怒られ、選手には迷惑をかけてばかりで、正直マネージャーをやっていて意味があるのか考えたときもありました。
でもここまで続けてこれたのは色んな人に支えられ、なにより試合で勝った時、辛かった時のこと以上に喜しさがあるからです。
三年間はあっという間で引退まであと数ヶ月しかないけれど選手権出場を目指して選手をしっかりサポートできるよう、最後まで頑張りたいです。 (CV)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

私は、このクラブでマネージャーとしてやってきて、二年半が経ちました。最初は、わからない事だらけで周りの人たちに迷惑ばかりかけてしまっていたけれど、色々な人達に励まされ、支えられ、いつの間にか、もう三年生になっていました。
 二年半、辛いと思ったこともたくさんあったけれど、試合で勝つとやっぱり嬉しいし、なにより何かした時に「ありがとう」と一言かけてもらえた時に、やって良かったなあと思います。
 また今まではサッカーを試合でしか見ることができなかったのが、練習や準備という細かい所まで知る事ができてもっとサッカーが好きになりました。あとマネージャーとしてこのクラブに関われるのは少ないけれど、今まで学んで覚えてきた事を生かして残りの数ヶ月、監督、コーチ、選手達の役に少しでもたてるように精一杯、悔いが残らないように頑張りたいと思います。 (RP)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

三年生のマネージャーの皆さん、ありがとうございました。
高校生活、青春の真っ只中で過ごした三年間のサッカー部マネージャーの経験は、誰もまねすることのできない貴重な体験です。
これから先の長い社会生活で、必ず役に立つ時が来ます。
これからも頑張りましょう!
(転記は斉藤が担当しました。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

マネージャーの皆さんへ

日記、記載有難うございました。仕事内容が多くあり、選手達への心使いや、周囲への気配り感謝いたします。影の力となり監督・コ-チを支え、全国大会出場に全力を。! 

三年生は後ひとふんばりして頂いて一年生は三年生をお手本にして国士舘高校サッカ-部を盛り上げてください。


会長・大室隆史