2007年11月07日

思い出のフォトギャラリー(第四回)

IMG_3463-1[1].JPG

第四回目のフォトは、ディフェンダーの写真を取り上げました。

今回は、7月8日に清瀬内山グランドで行なわれました、Tリーグ堀越戦からの写真です。

皆さんも試合中に、選手が 『サンド!サンド!』 と、声を上げているのを聞いた事があると思います。ボールを持っている相手選手を 『挟め!』 と言うことです。相手陣営でボールを奪われたときでも、自陣に攻め込まれたときでも、ボールを持っている相手選手1人にすばやく寄り、味方二人で守る(攻める)と言うことでしょう。

この写真は、まさにそれができているシーンだと思います。ペナルティーエリア前まで攻め込まれた状態で、キャプテンの山本選手(こちらを向いている)と高田選手(手前・4番)の二人が相手選手を挟んでいます。 『ペナルティーエリアには絶対に入れない!』 『ゴールの方向には向かせない!』 という強い姿勢がこの写真に出ていると思います。

担当:斉藤