2008年01月16日

運営スタッフのひとり言 〜『鍛錬期』〜

皆さま、改めまして、明けましておめでとうございます。

HP担当の服部です。


 この時期は、どのチームも1年間サッカーを戦っていく上でのベースづくり、いわゆる「鍛錬期」ですよね。私も始めは、何でこの時期に強化が必要??と言う考えがありました。だって、年中練習でサッカーやってるわけだし、この時期に改めてでも無いのではという考えでした。

 私事ですが、私はサッカー経験者では有りません。息子が3人ともサッカーをし始めて、サッカー未経験の私でも、まあ小学生の内は経験の無い私でも見よう見真似で一緒にやったり、話したり出来ましたが、中学生以上になるとそこに戦術を初め色々な考え方が必要になり、攻撃時の相手の崩し方、単純なDFの裏狙いでもそこに至るまでのボール運びや陣形の取り方など分からない事が多くなって、試合後に動きの悪い息子に対して質問しても、「何にも判らないくせに」と相手にされず、すっかり馬鹿にされる始末でした。ナニクソ、息子に負けまいと色々なサッカー専門誌を読んだり、元サッカー国体選手のお友達(お父さん仲間)に息子のサッカーを見ながら質問しまくって勉強をしました。いやぁ、勉強になりました。ボールの受け方でも、「なんであの子はナカナカ前を向けないのだろう?」と話すと、「こうですから・・・」とご教示頂くのですが、それはそれは素人の私でも判り易くて、目から鱗状態でした。
 今では息子どもと、サッカーの話では負けない?(理論のみで実践が伴ってませんが)くらいになりました。考えが理解できると、サッカーを見るのも面白くなりますよね。しかしまだまだ奥が深い・・・。理論もまだまだ駆け出しです(^^;

 話を元に戻しましょう。この時期の「鍛錬期」の話でしたね。
 この時期のトレーニングの重要性は、色々なチームが必要であると話されています。四季の有る、日本特有の冬の鍛錬時期ですが、それは、ちょうど1年後の「選手権」に頂点を置くからとも言われています。
 今の時期殆どのチームが選手権を終えて新人戦を迎えています。メンバーが入れ替わり、新チームでの船出がこの時期からで、トレーニングを通して、チームとしても個人としても自信が持てる、また非常に伸びる重要な時期としてトレーニングに重きを置くようです。厳しく自分を追い込み、乗り越える事で自信につながる訳で、ドコまで自分を追い込められたかによって、今年の1年が決まります。この時期にトレーニングを満足に出来無いと、ベンチスタートから脱せないとも言われているようです。

フィジカルだけで、テクニックは?等とも言われますが、

 「テクニックを生かすためには、フィジカルが必要」 です。

 それは、サッカーでテクニックを生かすためには、ボールを奪い、保持できるフィジカルの存在を無視できないからです。スキルを最大限に生かすのは、80分間ボールを追いまわせる「フィジカル」が有ってこそですよね。フィジカルトレーニングに時間の割けるこの冬の時期にしっかりと基礎体力向上に努めて欲しいです。

 なんだか偉そうにすいません(^^ 充分にトレーニングして、この春からの試合で良い結果が残せるよう、親としてサポート頑張りましょう。

以上